鍼灸師になるためには、国家資格であるはり師ときゅう師のそれぞれの試験に合格する必要があります。受験資格を取得するためは、まず高校を卒業してから国が定めた専門学校や大学の専攻課程を卒業していなければいけません。一般的にそれらの学校の修業期間は3年以上となっており、解剖学や生理学、衛生学、病理学などの多岐にわたる学科について学習します。加えて東洋医学や診断学、治療学などの専門分野についても学んで行くことになり、最終的には治療実習を経て国家試験に挑戦することになります。はり師、きゅう師の国家試験は毎年2月下旬に筆記試験として実施されており、試験科目はそれぞれ分かれていますが、2つの資格を同時に受験する場合は共通の科目の試験は免除されることになっています。試験の合格率は受験者の9割程度となっているので、それほど難関というわけではありません。しかしその分資格を取得してから一人前の鍼灸師になるまでに、更に色々な技術や知識を身に付けていくことが求められる資格です。

PR|貯蓄|内職 アルバイト|アフィリエイト相互リンク|心の童話|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|サプリメント|GetMoney|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性向けエステ.com|お小遣いNET|生命保険の選び方|ショッピングカート|童話|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|